十三重の塔


十三重の塔
小学生何年生だったのでしょう、細かな記憶はないのですが、この宇治の地に遠足に来たことがあります。 その時は確かこの場所の少し上流にある発電所の中を見学して、この「十三重の塔」がある「塔の島」でお弁当をひろげたように記憶しています。

まあ、かなりうろ覚えなのですが・・・。

でもこの場所、本当にほとんど変わっていません。 ただ、その当時は確かゴロゴロと大きな石が転がる河原へそのまま降りられたように思っていたのですが、今はしっかりと柵がしてあって、河原におりることも宇治川の水をさわることも出来ません。

「安全の為」だろうとは思うのですが、何だか少し寂しい気もしてしまいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.