伊勢街道 (26)


伊勢街道 (26)_1
名張の街を出て、桔梗が丘という場所あたりだったでしょうか。 街中のメインストリートだというのに、メッチャ上り坂!! むか~し昔に車で通ったことがあって、「大変な坂だな~~」とその頃思っていたことを思い出しました。

しかも今回は自転車での挑戦ですから、かなり厳しい...。 街中で自転車を押して・・・もねぇ。 この常夜灯の場所まで1時間ほど走っただけなのに、かなり疲労困憊になってしまいました。 でも今日は峠を越えなければ行けません。この道最大の峠、青山峠を・・・。

伊勢街道 (26)_2
で、何とかもう少しで峠に辿り着きそう・・・というところまでやってきました。 ええ、勿論、この時点で自転車を押して歩いていますとも、息を切らしながら。

ええ、ええ、ここまで色々ありましたよ。 途中、調べていたルートの川沿いは、ここで曲がって、ここは注意しないと・・・と思っていたにもかかわらず、土砂崩れの復旧工事とかで通行止め!! 「迂回」の看板の前にいた交通整理のおじさんに、「自転車だったら通れる?」って聞いてみたんです。 そしたら「私、日本の人じゃ無いからよくわかりません!!」って。

どっから見てもパッと見には日本人にしか見えない、日本人じゃないオジさんがこんなところで交通整理をしているとは・・・。いやはや『国際化』していますな~!! TPP締結したっけ?? なんて思いましたけれど、国際交流、失敗です。

で、待っていたのは、ひと山をグルッと回る迂回路。 そりゃ自動車の人はいいですよ、アクセルを踏めば勝手に前に進んでくれるのですから。 こちとら自転車は大変ですよ!!

伊勢街道 (26)_3
それでも何とか青山峠に着いて、さあ、旧街道を下ろうか・・・と思いきや、道は鬱蒼と茂った山の中へ。 ぜ~~ったい、人、通ってないです、ここ、ヤバイです。(右の道?です)

仕方がないので、今来た道を少し戻って、トンネルで峠を越えることにしました。 でもね、このトンネルってやつ、めっちゃ怖いんですよ。 壁があるので威圧感ありますし、車は結構ハイスピードで横をすり抜けていきますし、壁がある分避けるに避けられないですし、壁があるので後ろから迫ってくる車の音が大迫力ですし・・・・って、もう、やぱいっす!!

伊勢街道 (26)_4
トンネルを抜けきると・・・そこは「津市」だった...。(川端康成風)

馬鹿言ってますが、でもね、怖いの、これで終わりでは無かったんです、この日は。 前方、下り坂になっているの、わかります? 実際の時間は10分~15分ぐらいだったでしょうか。 時計を見ていなかったのでよくわからないのですが、体感的には半時間以上、結構なスピードでこの坂を下ったんですよ。 私だけが走っているのならそれなりに楽しさもあったのでしょうが、追い抜いていく車もとばす、とばす!! めっさ、怖いッス!!!!!

気を緩めたらポテッとこけてひかれそうですし、それで無くてもこちらもスピードが出ていますから横を車が通り抜けるたびにヒヤヒヤしますし・・・。

峠の頂上までは汗だく、ダクダクだったのですが、峠を下りきる頃にはすっかり冷えきって。 寒くて寒くて・・・。怖くて怖くて・・・。

帰阪してから、自転車用のヘルメット、買いました。
※上り坂はしんどくて写真撮れません。 下り坂は怖くて写真撮れません。 峠はダメッす!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.