天保山渡船


天保山渡船_1
天保山渡船_2
いや~、船は難し~い!!
どうやら船の写真は苦手みたいです!上手く撮れたためしがありません!!
水の都・大阪には「渡船」というものが今も残っています。
しかも「観光用の渡船」ではなくて、「生活の足としての渡船」がです。
以前「甚兵衛渡船」を掲載したのですが、今回は大阪港・天保山と対岸の桜島(火山はありません)を結ぶ『天保山渡船』です。
・・・
実はこの「天保山渡船」、昨年の夏に一度撮影にきたんですよね。でもその時は季節的な影響からか、何だかモヤがかかったような写真しか撮れなかったので、結局掲載せずに終わってしまいました。
まあ、今回も条件はあまり良くないのですが、「この辺りは年中こんなものか」と開き直って
掲載することにしました。
あ、料金は無料です。初めて乗った時は「料金が書いてないけどどれだけ取られるのだろう」なんてドキドキものだったのですが、今は「余裕のよっちゃん」です。(←すみません)
それと船内での写真はありません。別に撮影禁止とは書かれていなかったのですが、ここの渡船、「ほとんど海」になっている安治川を大きな船を避けながら渡ってくれるのですが、この日は風もそこそこあったのでもう "揺れまくり!!" 昨年の夏はこんなことは無かったのですがね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ysyk より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    生活感、有りますね、まさしく足ですね
    「ワンマン」船長さん独りですか?

  2. おおさか小僧 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ★ysykさん
    確かに「足」なんですが、昼間の時間帯は30分に1本程度の
    運行になるので、まああまり便利とはいかないですね。朝夕の
    時間は本数が増えるみたいですけれど。
    乗員は3名一組みたいですよ。ちょうど2枚目の対岸の船の処の
    詰め所から時間になったらドカドカって出てきて1往復したら
    次の時間までは休憩みたいですよ。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.