参道の景色


参道の風景 #1
<PENTAX MZ-M + SMC PENTAX M50 F1.7 + KODAK ULTRA MAX 800> 何だかガラッと色味が変わってしまいましたけれど、大原のバス停から三千院方面への 参道にあるお土産物屋さんの一角です。 KODAKのフィルムは「黄色」が強く出るようで、少し黄色く色被りしているように見えます。 普通にプリントに出せば機械で自動的に色調整がされるので、普通は気にならないレベルで 見ることになるのだと思いますが、フィルムから直接、素直にスキャンするとそのままの色で データが取れてしまいます。 で、ちょっと色調整を・・・とも思ったのですが、「これはこれで味かな!?」と思いなおしたので そのままの掲載としました。 絵がちょっと眠いのは・・・レンズの影響かな? でも・・・見れば見るほど黄色いなぁ~~。 フィルムカメラを使って、そしてネガをスキャンしてページを作っている人のブログに偶々出会った。 その人曰く、 ・もともとネガはプリントを前提として使うフィルムであるので、プリント時の補正は大前提だった。 ・ブログ等の為にネガをスキャンするのであるから、電子化したデータをレタッチするのは自然なこと。 ・そもそもフィルムスキャン時に、フィルムベースの色を引き算して画像を取り込むようにどのソフト  も正しくできているとは限らない。 等々...。 それを読んでいて、 「スキャンした直データを掲載するばかりではなく、調整することは何ら問題ではない。」と思い なおしました。 つまり、スキャンソフトが取り込んだフィルム情報は、絶対無二の情報とは必ずしも言えない。 なら、レタッチしてもいいかな・・・って。 で、早速、Silkypixでホワイトバランスの調整をしてみました。 さて、結果の方はいかに・・・。 参道の風景 #1_2 さあ、どちらがお好みですか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.