伊勢街道 (21)


伊勢街道 (21)_1
坂は登ったら、あとは降りるだけです。 『自転車に乗っていて、こんなに気持ちの良い瞬間はない!』・・・ずっとそう思っていました。

でも・・・14インチ(約35cm)の直径しか無いマイチャリのタイヤで坂道を下るのは相当にヤバイです。 いくら小径車でも、坂道ではそこそこスピードが出ます。

いえ、結構でます。 その横をヘタクソなドライバーが大きく膨らんで追い抜いていきます。 「そんなに膨らまんでも・・・」とは思いますが、下りはやっぱりちょっと違います。

タイヤが小さいので少し大きな段差なんかがあったら確実に転倒してしまいます。 ちょっと必死になってしまいます。 カーブも、大きな径の自転車なら、オートバイがカーブを曲がる時みたいに車体を倒してそこそこ曲がっていました、以前は。

でもこの小径車でそれをすると、確実にこけます。 ぜ~~ったい転けます。 絶対!!転けます!! もし路側の砂で少し滑ろうものなら・・・あ~~、おそろし!!

な、訳で、恐る恐る、それでもそこそこスピードを出して、でも慎重に坂を下ってきました。 もう、めちゃ、緊張ですけれど。(←後で考えるとこの坂はまだ可愛かったですが)

で、その坂の終わり近くにちょっと感じの良い通りを見つけました。 どうやら旧街道はこちらのようです。(本当はもう少し手前から入ったようですが)

伊勢街道 (21)_2
進んでいくと、道に掛かったアーチに書かれている通りの名が変わっています。 「伊勢本街道」・・・そうです。奈良道も終わり、いよいよ伊勢への最後の難関、峠越え道がこの先から始まるのです・・・。

伊勢街道 (21)_3
ここは昔の榛原宿。 今も榛原(はいばら)という所ですが、保存された昔の建物や、その雰囲気を残した通りが今も残っています。

まあ、ここは観光センターみたいなもので、こういうディスプレイがされていますが、なかなかに雰囲気の良い街でしたよ。 次回、大きなカメラを持ってこようか、なんて考えたぐらいですから。

伊勢街道 (21)_4
この道をまっすぐ行けば、伊勢本街道へ突入です。 イメージ的には山がすぐそこまで迫って
来ている感じです。

イメージ的・・・というのは、結局この道を行くのをやめてしまいましたのでわからないからです。 実は、この写真を撮る1時間ほど前、この街道旅に出てから2回目のパンクに襲われてしまいました。 自転車屋さんを教えてもらって、そこで修理してもらったのですが、もしこれが山の中だったら・・・なんて考えるともう大変です。

いえ、少し前から考えていたんです。 あまりにも体力が無くなっているのに、本当に伊勢本街道を単独で抜けきれるのか・・・って。

で、ルートを変えることにしました。 山に突き刺さるように進む伊勢本街道をやめて、基本的には川に沿って進む伊勢北街道(通称、初瀬街道。今通ってきた道も初瀬街道ですが)で、伊勢・津の方から回り込もうと。 お伊勢参りも後期にはこちらの方がメインになったとも言われていますし、何よりも近鉄電車の線路があまり離れず併走していますので、緊急避難も出来そうですし。

いつの日か、もしかしたら挑戦するかもしれない伊勢本街道よ、さよ~~~なら~~~。 なんて馬鹿なことを書いてしまっています。

馬鹿なことと言えば、話は全く違いますが、今日はとっても大きな勘違いをしてしまいました。 今日、金曜日、確かに金曜日と何度も認識していました。 でも、今日の仕事終わりに、「あ~~、今日中に全部終えるのは無理だな。ま、明日の金曜日に仕上げればいいか!?」って、仕事途中で置いてきてしまいました。

「明日終わってから報告しよう!!」って、業務報告もパスして・・・。あ~~、最悪!!

家に帰って「明日は土曜日だよ」と言われて、ガーン、ガガガガーーーン!! って感じ。
ほんと、馬鹿やってます。 月月火水木金金・・・ではないですからね。(←若い人には何のことやら、ですかね) はぁ~~、来週、月曜日、大変だ~!! 2日分の仕事、やらなくっちゃ! って、オマケのお話でした。m(_ _)P ♪♪♪


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.