くちなしの~♪白い花~♪


くちなしの~♪白い花~♪_1

くちなしの~♪白い花~♪_2
なんて、この花の名前を耳にすると大昔の歌が頭を過ぎるのはやはり年なのでしょうか?

『やせて~♪やつれた~♪お前のような花だった~♪』

というような歌詞だったと記憶しているのですが、この花を見る限りはそれほど、哀れに思えるような花とは考えられないのですが・・・。

頭の中に作られたイメージと、現実は大違いということなのでしょうか!?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.