昭和の香り


昭和の香り
大阪・空堀へは何度か訪れていて、長屋の風景が残っていたり、それらを改造して若い人たちがアーティスティックなお店を開いていたりして、それはそれで面白いところなのですが、今回は少し裏道までお邪魔してみました。

表道側は時代時代に合わせて刻々と変わっていっているようですが、裏側はまさに「生活圏」とでもいうのでしょうか、懐かしい雰囲気を残したままの景色に結構出会うことが出来ました。地元の人達にすれば御迷惑なことでしょうから、そのあたりは一応マナーを守ることに心がけて・・・ちょっとだけショットをいただいてきました。

今日の絵は煉瓦の土台とその上の木造の建物とそして石の階段。その雰囲気が微妙に良かったのでシャッターを押したのですが、何だかちょっと不満足な絵になってしまっています。
曇った日の夕方だったのでちょっと空が白くなりすぎましたねぇ。

次回はお天気の良い日のお昼過ぎぐらいを狙ってみようか!? な~んてことを考えてみたりしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.