三千院の庭


三千院の庭 #1

<K200D + DA18-55mmF3.5-5.6AL II Kyoto Oh-hara Sanzen-in 2008.07>
週末記事を更新しなかったので、そのまま先週の続き・・・『大原編』です。 この日はフィルムカメラも持っていったので、『三千院』の写はフィルムカメラ版を貼ろうと思って いたのですが、計ったはずの露出値よりもどうも本当は明るかったようで・・・。 今ひとつの出来だったので、『三千院』も「デジ一写」で行くことにしますです。 三千院の庭は、「新緑」というには少し時期が遅くって、それはそれは青々(緑々?)として いるのですが、まあ、それはそれでいいかな・・・って感じで、ノンビリと縁側に腰掛けていると 和んだ感じになるのかもしれません。 観光客が次から次へと出入りする場所ではありますが...。要は気持ちの在りよう?? 私の方は「写真撮り」がこの日の本命ですので、それ程和んでもいられないのですが、それに しても最近の観光客(最近だけか??)って、「程度」悪いですねぇ~。 いや、「観光客」というよりは、「若いカップル」って言った方が正解かな? ちょっと見えますかねぇ。写真の中の緋毛氈がしかれた部分・・・。あの緋毛氈が敷かれている ところって『茶席』になっているんですよ。しかも『有料』の・・・。 でも誰もそんなことはお構いなし。ずかずか!!って入っていって場所を陣取って、自分達だけ 和んでいるようです。しかも女の子が男の子を引っ張っていくような形で・・・。 まあ、その『茶席』で本当にお茶をしている人もいなかったですから、三千院の方も特に注意とか して回ってはいなかったですけれど、何だか自分達だけが良かったらそれで良い・・・みたいな のって、端から見ていてあまり気持ちの良いものではないですね。 本人達は全く気にもしていないでしょうけれど・・・。いや、「悪い」という意識すらないのかも・・・。 ああいうカップルが将来、『モンスターペアレント』って呼ばれる馬鹿親になるのでしょうか!? お~~コワ!! これはある種、心霊写真なみの写かもしれません...。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.