ひな壇


ひな壇

大阪・西梅田のヒルトン・プラザ・ウエストの地下ディスプレイです。

季節季節でディスプレイが変わるのと、仕事帰りでも照明があって取りあえず撮影できるぐらいの明るさがあるので、結構撮って帰ることが多いのですが、モノクロにしてしまうとちょっと分かりにくいですね。 う~~ん、「ただの草」が積み上げられているだけみたい・・・。

このフィルムが先日「上手く現像できない」と、ぼやいたフジフィルムのPRESTO 400なのですが、このコマ自体には影響が少なかったみたいで、写真で見る左右が何だか白~くなっているという現象は顕著には確認できないです。

過去にフィルムスキャンをしたものをざっと見てみたのですが、コダックのフィルムでも同じような現象が出ているものもありましたから、フジのフィルムにそういう現象が出やすいということは本当はないのかもしれません。 たまたま、自分の場合は多かった・・・ということなのでしょう。

フィルム比較のT-MAXの準備がまだ出来ていないので、PRESTOの写真を貼ってみたのですが、やっぱり受ける印象は大分違いますね。

フジのフィルムの方がエッジが立ってキリッとしている感じがあります。(←って、私は思います。) どちらがキレイ?って聞かれたら、もしかしたら「フジのPRESTO」って答えてしまうかも・・・?

そういう感覚も持っていたので、フィルムでモノクロを撮り始めた頃は多用もしていました。 では今は・・・? 確かにエッジも立ってキリッともしているのですが、今ひとつ『味』っていうのでしょうか・・・? そういうものが無いような・・・。 いや、綺麗なんですよ、綺麗なんですが・・・ねぇ。

何だか「デジカメで撮ってもこんな絵になるんじゃないかな」って思えてしまうことがあるんですよ。 言葉が少し違うかもしれないですけれど、所謂、『優等生』って感じ・・・ですかねぇ~。(「優等生」が良いという考え方もありますし・・・、優柔不断、爆発です!!)

まあ、あくまでも「私の個人的見解」ですので、その点は御了承ください。 あ、因みにこの絵の露出、人間露出計でこれぐらいかな・・・でやったのですが、どうやら露出不足だったようで・・・Silkypixで +0.7EVほど補正しています。 あ、Photoshopでアンシャープマスクも掛けちゃった!  ・・・ これじゃ、比較にならないか!?

どうやらメインフィルムはまだまだ決まりそうにはないもようです...。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.