沢の鶴酒造


沢の鶴酒造


漸くフィルムを現像に出しました。 カラー現像タイプの35mmフィルムの良い所は、現像に何日も待たなくていいところ。 その分ブローニーなんかとは緻密さで比べものになりませんが、たかだかブログに貼るぐらいならそれ程違いはわかりません。

でもこのフィルム、カラー現像タイプ・・・ということで、スキャンした直後は全体に赤い絵になっています。フィルムベースの色が出ているのかな?

それをチョコチョコっとレタッチしてして完全モノクロにしています。 コダックの同じタイプのフィルムは確か最初から黒くなったと記憶していますが。

でもね、微妙にこっちのフィルムの方が好みでして・・・少し絵が柔らかいのかな。 自分的には良い感じです。初めから黒くなれば尚良し・・・ですが。


写真は「沢の鶴酒造」さんの資料館正面です。ちょっと良い感じ。
久々のモノクロで、その感じを全て引き出せないのが何とも・・・ではありますが。

今回の散歩は本当はここがスタート。で、ウロウロ歩いて、前回掲載の白鶴さんや菊正宗さんや・・・にお邪魔しました。 ま、ここでいただいた生原酒の試飲が、この日の初呑み、酔い始め・・・というお話です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.