篠山の蕎麦屋前のカエル


篠山の蕎麦屋前のカエル

少し過去の写真を調べてみると、2013年の7月にこのカエルを撮っていました。

その時は蕎麦屋にひかれたというよりは、このカエルのオブジェにひかれて蕎麦屋さんに入りました。暑い時期でしたから観光客もそれほど多くは無く、スッと入れました。少し蕎麦前でお酒を飲んで、盛り蕎麦を1枚食べて帰ったと記憶しています。

しかし・・・今回訪れたのは『ゴールデンウィーク』です。店の前にはそれ程多いとはいえないですが、待っている人達が数組。「う~ん、30分程は待たないといけないかな?」と思いながら待ちだしたのですが、前で待っている人達にもなかなか声が掛かりません。漸くして1組、そしてしばらくして1組・・・・で、ここでまた止まります。しばらくして1組が中に入りました。「次が私達の番!!」と思ったものの、そこからまたまた時間が・・・。

やっとのことで中に入った時は、並び始めてから1時間を遙かに超えてしまっています。「でも、中に入ったし、後は食べるだけだよな」・・・・・注文を聞きに来ません。
何とか注文が出来て・・・で、その後、蕎麦が出てくるまでこの後ひとしきり待つことになります。

お味の方は・・・ここまで待たされた程のことはありません。スッと入れていれば、そこそこ満足する味だったのでしょうが、待たされている分、評価基準が上がってしまいます。「まずい!!」というものではありません。が、ここまで待って食べるほどのものかと聞かれると、自信をもって “YES!!” と言えるものではありませんでした。

前に食べに入った時にはもう少し早く蕎麦が出てきたような気がするのですが、記憶違いだったのでしょうか!? それとも、店の人も5年で年をとってしまい、動きがゆっくりになってしまっているのでしょうか? 因みに、この蕎麦屋「花格子」の周りには、それ程良さげなお店が他にはありません。それを当て込んで「牛肉弁当」なんかを売っている人もいたりするのですが、ここまで来て弁当というのも・・・と思うと本当に食事には難儀してしまいます。

地方に行くと、余程何かの要因が無い限り、食事処は商売にならないのだと思います。この周辺のように、大きな道の側でもないですし、地元の人は「家で食べる」が普通でしょうし、来るかどうかわからない観光客を力一杯期待することも出来ないでしょうからね。

まあ、色々と要因があるのは理解するとして・・・でも、それ程時間がかかるのなら、ここで食事をする以外の選択肢を探した方が良かったのかも知れません。順番に並んでしまいましたし、近くに逃げ場が無いのもわかっていましたから・・・失敗でした。

人出の多い時期に篠山でこの蕎麦屋さんにチャレンジしようとお考えの方は、第2、第3の案を準備してから挑戦されることをオススメします。 私の場合は事前準備が少し足りなかったようで、反省しきりです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.