鯖街道・熊川宿


鯖街道・熊川宿_1

やじさん・きたさ・・・ではありません。
番所のお役人だそうです。いやぁ、結構リアルに出来ているではないですか!?
ザ・日本人って感じの顔ですし。うん、いいですよ、これ!

鯖街道・熊川宿_2

今までにいくつかの旧街道の「宿場町」に行ったことがありますが、ここは何だか少し雰囲気が違いますね。
古い町並みをアピールしたいところなのでしょうが、力及ばず感がヒシヒシと・・・。
お店が少ないからそう感じるのでしょうか?
それとも街の中を貫く道路がこんな色だから??

古い町並み・・・自体は良い感じなのに!

ええ、この色はちょっと選択ミスですよね。
ワビサビ感が全く出なくなっているのですから。
まだ普通の道路の、グレーっぱいの色の方が良かったような。理想的には土の道が良い感じですが、それを求めるのは酷なこと。そこで生活する人には不便で仕方ないでしょうから。

でも、この色は「ないわ〜〜〜〜!!」


鯖街道・熊川宿_3

宿場町の一角には確かにお店もあります。でも、どうにも活気が・・・ありません。
単に私が車の運転に疲れて、そんな風にしか感じられなかったのかもしれませんけれど。

鯖街道・熊川宿_4

普通に住民の方が生活をされている家々ですから、仕方ない面があるのは十二分に承知してはいますが、見せるなら見せる!で、街の中が盛り上がってもらわなければ、観光に来た者にはちょっと肩すかし!な感じがしてしまいます。

「それなら来るな!」という話になるのかもしれませんけれどね。


鯖街道・熊川宿_5

正直なところ、「鯖街道」の唯一残った宿場街。
もっと「鯖」を売っているお店があっても良かったんじゃないでしょうか? 

確かに「さば寿司」を売っているお店は数件ありました。> でも特に店頭に人が立って呼びこみをしているとかいうのではなく、「看板」だけが『鯖寿司あります』・・・と。

そうそう、「焼き鯖の1本売り」をしているお店は1軒、見つけました。
3尾ぐらいがそれぞれビニールに包まれて店頭に。

買おうかと迷いましたが、
車に積んで帰って・・・帰りの車内は鯖臭満載になるでしょうし、そもそも最初からビニールに入っているのはあまり美味しそうには見えませんでした。
1尾1200円だったかな?
1800円だったかな?
それほどお安いものでもありませんし・・・。
いつの日にか、小浜の焼き鯖屋さんで焼きたてを買ってその場でかぶりつく!!日まで、鯖の1尾丸焼きはお預けということにしておきたいと思います。

※余談です
今回借りた車(レンタカー)は、いつものようにニッポンレンタカーで「新車」指定で
借りたのですが、出発当初から不具合が...。

オーディオ接続端子にwalkmanを繋いで聞こうと思ったらどうにも音が出なくて。
相方に促されて借りたお店で見てもらって、フルボリュームで漸く聞けることが確認できましたけれど。
「Bluetooth でも音楽が聞けます」・・・と、わざわざ大きなステッカーまで社内に貼ってあるのに、Bluetooth 接続しようとすると拒否られます。

以前借りた車は、オーディオを接続すると、カーナビ画面で操作ができたのですが、
walkman本体で操作しないと選曲も出来ません。

で、トドメはカーナビ!

3回ほど道に迷いました。

かなり昔に沖縄で借りたレンタカーのカーナビは「海の上を走ってます」表示になった
ことがありましたが、そこまでのことはありません。

でも、高速道路を走っていて、「出口を出ろ」という指示が無いのでそのまま直進すると「新しいルートを選択しますか?」と。

もービックリでした。
確かホンダの車。
ちょっと性能が落ちているのでしょうか?何だか少し心配になってしまいました。

ホンダさん、大丈夫ですか?? それともカーナビだけの問題??



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.